2016年06月07日

四谷怪談

国立劇場の五月公演で、前進座の四谷怪談を観た。三角屋敷の場を出すのがこの劇団のが芸統になっている。もともと忠臣蔵の表の物語に対して裏の物語として四谷怪談は書かれただけに、初演は二日がかりの両建て公演だった。全部を通すととても長い作品になるので、今のように短縮した公演の場合、どの場を組み合わせるかで随分と趣が変わる作品になるのが特徴だ。染五郎が昨年演じた国立劇場版の「四谷怪談」はこの三角屋敷の場がカットされていて、これに忠臣蔵の仇討ちの場を組み合わせている。つまり、忠臣蔵色を強めることで特徴を出しているわけだ。先代の勘九郎(十八代目中村勘三郎)の「四谷怪談」も同様に三角屋敷は無いが、早変わりと髪梳きに重きをおいた構成になっていて、怨霊となったお岩のケレンをたっぷりと見せた。
 三角屋敷の場というのは、お岩の妹のお袖と、その夫の与茂七、お袖に横恋慕している直助の三人が主人公ともいえる場で、忠義の裏で泣かされる人間模様が描かれている。この場は直接、南北自身が書いたと云われているだけに、良くできている。先代の猿之助(当代の猿翁)の「四谷怪談忠臣蔵」にも三角屋敷の場があって、猿之助が直助を演じていたが、お袖は笑也で与茂七は右近だった。
 前進座では直助は矢之輔で、抜け目の無い悪党ぶりを見せながら、矢之輔らしい愛嬌で滑稽味を出し、自分が犯した悪行の因縁を知って自刃して果てる心情も自然だった。お袖の臣弥がよく健闘しており、菊之丞の与茂七も安定した存在感があって、この場はよく出来ていた。とはいえ、三角屋敷はあくまでも脇筋なので、お岩が主人公になる。貞淑なお岩が凄まじい怨霊となっていく様は哀れだ。國太郎がいいので、じっくり見たいところだ。伊右衛門の芳三郎も全体に品がありよく出来ていたが、それだけに凄みがもう少し欲しかったように思う。
 他の役者さんも初役が多かったが、気合いがあって舞台に独特の明るさを出していた。それが影に沈んだ世界を際立たせている。そして、黒御簾とツケ打ちもよく場を盛り上げて、舞台の質を高めており、前進座らしい舞台を堪能した。
再演してほしいものだ。


horikawa_g at 19:07コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛