2009年01月29日

我儘…

昨日、久しぶりに気のおけない仲間と飲んだ。回りに気をつかい過ぎる。もっと我儘な方がいいと云われた。自分の作品を表現するのだから自分の作品に対して、誰にも口を挟ませない方が良い。それで良くなるか悪くなるか、全てが自分自身だろうというのだ。私は思うに、これが絵や小説なら自己完結でいいと思う。だが、芝居はやっぱり総合芸術だと思うのだ。誰とタグを組むか、それが演出の責任だ。自分が表現したいと思っている世界と合っているかどうかは重要な問題だからだ。誰でもいいわけではない。確かにタグを組む相手を手足のように使い自己表現をするタイプもいるが、私は違うやり方だ。そういえば、前にも友達に似たような事を云われた。でなければ軽くみられるというのだ。確かに、この世界に身を置いていると弱肉強食の世界だから気を遣いすぎるとすぐ足許をみられるということはある。しかし、自分よりもキャリアがある方達と仕事をする時、信頼をいただくまでには時間がかかるものだ。相手は当然、弱輩だからとなめてかかるし、だからこちらのやり方に口も挟む。それは当たり前のことだと思う。しかし、どういう理念で、どういう形で仕事をしているか、いろいろやっていくうちに自ずと自分の位置が定まってくるものだし、信頼もそうした中から生まれてくるものだ。天才ではない限り、何事もすぐに為せるものではない。確かに気を遣うのは自分に自信がないからかもしれないが、相手の言葉を聞いた時、なぜ相手がそう云うのか、考える必要がある。その方がいいと判断したら調整もする。その調整が間違っていたら、それはそのように判断した自分がまだ未熟だということだ。最終的に全幅の信頼をいただいて仕事ができるように誰もが認めるだけの内容と強い意志がなければ叶わない。やはり、自分を見失わずにどこまでやれるかなのだと思う。私はまだ、発展途上。発展途上ということは未来があるということ。馬も千里なら牛も千里。いい言葉でしょう…えっ? 行き着かないうちに頓死する? ハハハ…それも人生でござる。


horikawa_g at 12:56コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ギャラリー
  • 出雲のオクニ写真2
  • 出雲のオクニ写真2
  • 出雲のオクニ写真2
  • 出雲のオクニ写真2
  • 出雲のオクニ公演写真
  • 出雲のオクニ公演写真
  • 出雲のオクニ公演写真
  • 出雲のオクニ公演写真
RSS