2009年01月21日

やっぱり、見てしまいました!

早くから寝て、2時に起きて、やっぱり見てしまいました。もちろん、アメリカ大統領の就任挨拶です! 私はブッシュ大統領が嫌いだから好戦的なアメリカに対して腹も立てていたが、黒人であるオバマ氏が大統領に就任したことはアメリカの精神的成長を感じたし、オバマ大統領は演説で民族、国との友好関係や核にも言及していた。これはとっても大切なことだ。考え方には好意を感じる。世界的にも軍縮していく道筋になるだろうと思う。戦争は利権と貧困と差別から生まれる。だから、世界をリードする立場にある者が、どのような考え方を持っているかその影響力は計り知れない。オバマ大統領の演説でのビジョンはとても見識があり、将来を見据えて大きく舵取りをしていこうという意志を感じた。それに、オバマ大統領は日本の環境技術を見据えているような気がする。というのも、日本は世界的に見ても非常に環境意識は高い。環境に配慮した技術も進んでいる。環境関連に経済の主体をシフトしていこうとしているオバマ大統領の考えからいっても、日本はこれからアメリカと環境関連の協力関係を強化していくことは大事だろうと思った。これは日本の内需にも繋がるだろうと思う。確かに経済は、現実として短期的には経済回復は見込めないと思うが、長期的なビジョンは大切なことだ。それに向かってたゆまぬ努力をしていくことは、いつかそれが現実のものとなり、オバマ氏が云うように将来を担う子供達に残すべき役目なのだ。目の前の餌が乏しくなって、空腹を抱えている者がどこまで我慢できるか、経済で世の中が動いている以上、既得権のある資本家の貪欲な要求に対してオバマ大統領がどこまで対抗して環境と市場原理の舵取りができるか、目が離せない。それにしても、我が国の総理大臣の情けなさよ…バラマキ2兆円の発想の貧弱さには泣かされる。それを支持している国会議員の見識の低さというか、矜持というものが無いのかねぇ…そうそう、海賊の問題も重要なことで、イラクへの海外派兵の時からなし崩しに派兵への憲法改正が始まっている。防衛庁が防衛省に格上げになった時から嫌な感じがしていた。軍のコントロール機関は立場を弱くしておく方がいいのだ。見識者がいるうちはいいが、もしも…ということが無いとはいえないのが歴史が示している。平和呆けの日本、その恐ろしさを忘れつつあるのではないか。大義名分はいつでもあるのだ。しかし、それゆえにどれほどの血が流されてきたか考えて欲しい。いっそのこと、2兆円で海賊達に商売替えの為の経済基盤支援をした方がよほど有益?  ついつい、オバマ大統領就任が嬉しくて書いてしまったが、日本の政治が誤らないように、日本の見識のある政治家に投票しよう!! えっ? いない? う〜ん。それが問題か…
 

horikawa_g at 19:08コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ギャラリー
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面