2017年11月

2017年11月11日

一口にいいますと、面白いです。この会のいろんな作曲者の癖、いえいえ個性が出ているので、とっても面白いです。ホント、最高なんですよ〜。一般的に、邦楽というと伝統芸能なので古い作品しか演奏をしないように思われている節があるのですが、邦楽にも新作の曲というのがあって、この会は、新曲ばかり演奏しています、というか、自分達が作曲した作品を発表して20年というのですから驚きですよね。私も新作を書いている端くれなので、芝居では作詞もしているのですが、そうそう簡単に才能を恵んでなど下さいません。あ〜羨ましい。まったく、神様は不公平です!!
今藤政太郎先生が作曲した作品の会が12月10日にあります。必聴です!!
興味のあるかたは是非お出かけを。で、ついでにといってはなんですが、今藤政太郎先生を取材した記事を書いています。こちらも、読んで下さいね。きらめきプラス12月号に発売予定です。

horikawa_g at 09:00コメント(0) 

2017年11月10日

9月の事務処理が終わって次回作のこともあるのに、何にも考えられなくて、10月はほとんど芝居と演奏会に明け暮れましたが、お誘いを受けて行きたいと思っていても急の仕事と重なってタイミングの悪いこともあり、御免なさい。書かなくてはいけないし、調べものもしなければならないし、きっと時間を上手に使っている人は私の三倍は出来るのだろうなぁと思いつつ…
赤旗しんぶんに評論記事を書いてますので、こちらもご購読を宜しくお願い致します。
政治的な新聞ですが、伝統芸能などにも理解があって、読んでみるとリベラルな記事も多いです。
私自身は政治的な人間ではないですが、好き嫌いはあって、やつぱり利己的な考えは嫌いです。
それはやっぱり、私達は人に助けられて生きていると思うし、お互い様だと思っています。
他を利することは自分を利することだという考え方が好きです。
それと、お金は大事ですが、人生を損得だけで考えるのも嫌いです。
自分に甘いタイプだし、楽をしたい方ですが、自分のできる範囲でボランティアはしています。
葬送の自由という会に所属して二十年になります。それも他人に奉仕するというよりは、自分が死んだら自然に還りたいと思っているので、そうしています。
あれ? 私、疲れてますねぇ…とりとめがなくなってしまいました。ハハハ…


horikawa_g at 20:30コメント(0) 
11月号に、『しずのおだまき』の評論と写真が掲載されました。斉藤偕子さんの評論です。それで、テアトロが発刊している俳優・タレント養成ガイドに私の演出についての記事を掲載することになりましたので、ご購読のほど宜しくお願い致します。
改めて自分の演出のことを書いていて、後付けのようだけれど、自分のやりたいことが見えてくるというのか、整理が付く部分があって、字数の関係もあるので舌足らずかもしれませんが、梅左芝居のこと分かってもらえたら嬉しいです。
シアターΧ通信に望月太左衛師匠にインタビューをした記事と一緒に芝居のことも掲載されています。
きらめきプラスにも写真と記事が載っていますので宜しくね。


horikawa_g at 20:02コメント(0) 
ギャラリー
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面
  • しずのおだまき 名場面