2016年04月

2016年04月15日

昼の部に出かけた。女殺油地獄の徳兵衛役で出ている嵐橘三郎丈を贔屓にしているので、まあ、若手のはどうかと思いつつ出かけた。私は仁左衛門のも染五郎のも見ているのでまだまだだろうと思っていたのだ。ところが、これが良かった。お吉の七之助も色気があって、運びに無理が無い。与兵衛の菊之助も上出来だった。義太夫に乗った動き、台詞。全体のアンサンブルもいいので引き込まれる。精進した芸はお客様の心を動かすと、つくづく思う。
勘九郎の末広がりは歌舞伎らしい華やぎをみせて楽しませた。国生が成長した姿を見せる。鶴松も可愛い出来だ。それから、菊五郎劇団の地方は流石で、踊りが映える。それと葛の葉の七之助、哀しみと母性がでていて悪く無いが、ふと見せる狐の妖しさがもうほんの少し首の動きと手元に出ると云う事なしだろう。もっとも、葛の葉のこの柔らかみと色気は玉三郎に似ているような感じもするので、このように演じているのかもしれない。それにしても、すでに彼らの時代なのだ。いい芝居を見た。
続きを読む

horikawa_g at 17:12コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛