2015年09月

2015年09月25日

 あれは、いつだったでしょう。省庁再編です。確か、小泉総理の時でしたね。防衛庁が、防衛省に格上げされました。皆さんは御存知でしたか? そうして、あれやこれやと布石が打たれてきました。軍としての機能を強化するには、やっぱり憲法九条は目の上の瘤ってことになります。
 あれはいつのことでしたかね。湾岸戦争の時です。日本はお金だけ出して血を流さないと批判されて、海外派兵のために支援部隊を送ることになりましたよね。で、その時も憲法解釈があって、歯止めになると言っていましたけれど、やっぱり支援部隊を強化しなきゃという事になってしまった。阿部総理のもと、憲法解釈で、とうとう強行採決されてしまいました。さて、次は、どうなるのでしょう。みなさん、心配になりませんか。私は心配です。
 インドを旅していた時です。知り合ったインドの方に、なぜ日本はいつもアメリカの肩を持つのかと質問されました。私は少し返答に困って、日本は戦争でアメリカに負けたからだと答えました。でも、私達はアメリカに負けたおかげで多くのものを手に入れました。それも確かなことで、この時に国の独立性というものを考えさせられました。私達はどんな国を望むのかということです。
 日本がアメリカの軍との関係を強化すると何がおこるのか。まず、海外で武器の使用ができるようになったのですから、殺し合いに自衛隊員は参加することになります。国内だってテロの標的にされる可能性を否定できません。例えば、渋谷や六本木で起きても不思議はないと思いませんか。
 知り合いに戦争反対と言ったら、左翼かと聞かれました。中国が尖閣諸島を狙っているのに、国防を強化しなきゃいけないというのです。韓国とも揉めていますし、北朝鮮も脅威だというのです。もう、そんな風潮の世の中になってしまった。それこそが、問題なのです。 
 ニュースを見れば、世界の状況は緊張関係になりつつあることが解ります。日本だけが傍観者ではいられません。理屈の通らない相手に素手で戦えというのか、確かにそうです。
 さて、そこなんです。ブッシュ大統領がテロの撲滅を叫んだ結果、戦争が拡大しました。今やイスラム国は脅威です。武器で戦って、本当に平和がくるのでしょうか
 ブッシュ大統領のお父さんのブッシュ大統領の時でしたよね、湾岸戦争が起きたのは、そうして、弱腰だとの批判も一部にありましたが最後まで追い詰めずに手を引きました。賢明な判断だったと思います。撲滅するという考え方こそ、とても危険な思想だと私は思います。ある哲学者はどんな政治でも戦争よりはましだと言いました。難しい問題ですが、戦争は最大の不幸です。
 国の政治に国民の不満が高まると外敵を作って、その不満を外敵に向かわせます。政治家の常套手段です。国民は利用されるだけです。歴史を知れば、納得できます。
 国の政治を変えることは容易ではありません。 
 私達は戦争を放棄した国の国民です。それは世界が知っています。その、憲法を破るとどうなるのか。私達は考えなくてはなりません。
 日本のほとんどの憲法学者は、今回の法案は違憲だといいました。それなのに、安倍内閣によって強行採決されたことは、どう考えれば良いのでしょう。国民が今の政権を選んだのは、このような結果を望んでのことでしょうか。
 思い出して下さい。武器を捨て、国を独立に導いた指導者がいます。
 国家間の緊張を解きほぐすのは、相手を理解する努力と理解してもらう努力しかないと思います。
 不正には不正だと叫び、弾圧には弾圧だと叫び、憲法違反は憲法違反だと叫びましょう
 私達はインターネットという武器を手に入れました。ひとりひとりが世界と会話ができるのです。
 平和を願うひとりひとりの力が必要な時だと思います。


horikawa_g at 11:05コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月10日

皆様、お元気でしたか?
あれほど暑かった夏が駆け抜けて、梅雨入りのような秋の始まりです。
全然更新していないと、知り合いに叱られてしまいました。せめて月に一度はやらなきゃいけないそうで…ああ、確かに、本当に書きたい事は山ほどあるのに、そう思うのですが、ごめんなさい。
子供の頃の夏休みの宿題を思い出しました。
まあ、そういうわけで、何がそういうわけなのかわかりませんが、11月公演の「清姫異聞」のお知らせです。梅左事務所のホームページを見て下さいね。
それでですね。道成寺の清姫と安珍の物語ととても縁が深い目黒不動尊へ総勢十一名で公演成功の祈願に行ってきました。この日は護摩の一般参加の日で生憎の雨、ではなくって、清姫異聞は雨乞いの物語でもありますので恵みの雨でした。龍神様、ありがとうございます。そして、お不動様の護摩は火で浄め、願いを叶えてくださる神様ですから、しっかりと御祈りをしてきました。なんといってもここは縄文時代からの聖域ですからね。考古学で証明されています。そして、江戸時代も関東の霊場として有名でした。今も観光地としてではなく、私達のように祈願に来ている方々がいました。
さあ、私達も頑張ります。応援してくださいね。

horikawa_g at 18:51コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛