2015年03月

2015年03月30日

いや〜久しぶりに、感動して、面白かったです。能の翁と文楽の三番叟の組合せです。それが素晴らしかった。
文楽の、この二人三番叟ももともと能の翁からきている祝福芸能です。静と動、流石の舞台でしたね。時間があっという間でした。それに、なんといっても、能は徳川家幕府によって武家の式楽として発展した芸能。文楽は庶民が育てた芸能です。これが江戸時代であったら、けっしてありえない出来事なのです。今、私達の時代だからこそ、こうして一緒の舞台で楽しめるわけで、私の興奮は暫く冷めませんでした。
そして、そして、この舞台は、なんと、女性の囃子だったことも快挙でありました。
ああ、本当にありえない出来事ばかりの、素敵な、素敵な能と文楽の公演でありました。
舞台は一期一会、この瞬間に立ち会えた祝福を皆さまにも!!
続きを読む

horikawa_g at 15:48コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月22日

先日、先生の教室に伺って、少し雑談になった時のことです。
子供たちの指導をされる時に、『 生まれた時代も、場所も、親も、自分では選べない。それは世界中のどの国の、どの子供も同じだ。けれども、唯一、自分で決める事ができることがあります。それは、どういう人生を歩かということだ 』と、お話をされるとお聞きしました。本当に感動しました。
人生に対する心構えというもの、それを諭してくれる大人に出会うことができるか、それによって子供達の人生は大きく変わってきます。教育ということは、そういうことだろうと思います。
私にも、人生の指針にしている言葉がいくつかあります。先人の言葉に学ぶ事が多いのです。
本当に人生は思い通りにならないものです。悩むことも多い。
良い選択をすることで、素晴らしい方との出会いのチャンスも生まれてくるものだと、私も人生の中で学びました。
私は先生の書が大好きなのですが、やはり、お人柄が書の大きさに出ています。
その道の一流の方というのは、やはり違いますね。



horikawa_g at 12:26コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛