2014年01月

2014年01月23日

琵琶、鼓、笛の音色の素晴らしさに感激されたと、嬉しいお客様からのアンケートの数々。もっと聞いていたかったとのお言葉に、嬉しいかぎりです。なんといっても、水藤桜子師匠の琵琶。望月太左衛師匠の鼓、望月美沙輔師匠の笛ですからねぇ。聞き惚れるのも無理はありません。一流の演奏家さんは、こういう方達のことを申しますです。機会があったら、是非、聞いてくださいませ。ここでお聞かせできないのがとっても残念です。
そして、衣装も素敵だったとお褒めをいただきました。
続きを読む

horikawa_g at 12:39コメント(0)トラックバック(0) 
000_2988
お喜びなされませ。あの、源氏の君がお方様に和歌を!

000_3039



どこにいるの…ああ、誰もいない…笹竹が風に惑っているせいね…
ここには何一つ確かなものは無いのですもの…

horikawa_g at 11:47コメント(0)トラックバック(0) 
000_32323285a1775
帝のお孫様をお産みなされ、御台様は源氏の頭領の母になるのでございます。
ええ、それだけは確かな  あかし…


控えよ、このお方を誰と思し召されるぞ。光源氏君の御台所様なるぞ!
なんと無礼な!!
あの方の子を…あっあ…

horikawa_g at 11:40コメント(0)トラックバック(0) 
1-33245b_3350
ああ…怨めしきは葵の上…






呪い殺して…
ああ…よもやあなたは六条の方か…   

horikawa_g at 11:31コメント(0)トラックバック(0) 
寒中お見舞いを申し上げます。 喪中のため、新年のご挨拶はご遠慮申し上げます。
というわけで、いやはや、昨年は公私ともに大変な1年でありました。自分で自分を褒めてやりたい!!
と思うほど、1月に親が倒れてからの怒濤のような日々を過ごしなんとか親の介護とお葬式と家の始末と仕事を頑張りまして、御蔭さまで公演の方は無事に終演し、批評も堀上謙先生が新聞に書いてくださり、また、テアトロ2月号に写真と中本信幸先生の劇評が掲載されました。
好評をいただいて、ホットしております。もし、機会がありましたら読んで頂けますととっても嬉しいです。
続きを読む

horikawa_g at 09:49コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛