2012年06月

2012年06月15日

DSC_0466  ホント、素敵な舞台でしょ!! 藤戸の演出意図が見事に表現されています。出語りの演奏家さんたちも自然に舞台にとけ込んでいるのもお見事じゃありませんか。演出家は美術家の小田切ようこさんと照明家の清水義幸さんのお二人の才能に多大に助けられているなぁ〜とつくづく感じますね。  もちろん、祇王かたりの舞台も期待して下さいませ〜

horikawa_g at 14:17コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月04日

スキャン 1 堀野哲仙先生の書と琵琶の音色が詩情豊かな舞台を作っています。  物語は平家物語の祇王と明治に生きた智照尼という祇王寺の住職さんと、現代を生きる現女(うつつ)の人生が交差しながら綴られます。   出演者のことや、チケットの申込みなど詳しいことは梅左事務所のホームページを見てくださいね。左の上をクイックしてくださいませ。

horikawa_g at 13:34コメント(0)トラックバック(0) 
スキャン 7月24日 昼2時 夜7時
                  出演 琵琶の女…阿部鷺夕 現女…上の平多香 祇王…山口晶代 智照尼…山口順子            作演出…堀川登志子 作曲…坪田聖凜美術…小田切ようこ 照明…清水義幸 堀野哲仙の書が舞台を飾ります。
 

 画像をクリックすると拡大します。

horikawa_g at 13:24コメント(0)トラックバック(0) 
スキャン8月12日〜20日のワークショップです。役者を目指す人には是非とも参加して欲しいですね。授業料はなんと2万円!! この金額で舞台の発表まで経験できる機会はほとんど無いでしょう。衣裳までは無理ですが20日には生演奏が附いて実演します。これは、シアターΧのプロデューサー上田さんと伝統みらい塾の協力で実現しています。私も賛同してお手伝いをしています。この経験がきっと将来の自分自身を育ててくれることでしょう。

horikawa_g at 13:07コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛