2012年04月

2012年04月26日

二つ目昇進、おめでとうございます!! 琵琶演奏家の阿部鷺夕さんの夫である落語家、桂宮治さんは面白いです。身贔屓? いえいえ、マジで面白いです。脱サラして落語家になったので出発は遅かったのですが昇進は早かったですからねぇ。5月14日(月)7時開演。内幸町ホール。もちろん、行きますよ、爆笑しに、ハハハ…。結果、ご報告しますね〜

horikawa_g at 14:25コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月25日

P3116931                昨年の地震の影響で延期公演でしたが、全員同じメンバーで無事に、みんな笑顔で終わりました。出演者の皆様と美術家の小田切さんと。もちろん、舞台にはおりませんが、照明の清水さん、舞台監督の江連さんオペレーターの宇野さん達が舞台を支えてくれました。そして、ロビーでは最初にお迎えするのが平樹さんロビースタッフの皆様です。また、お会いする日まで…

horikawa_g at 20:55コメント(1)トラックバック(0) 

2012年04月23日

仮チラシでご案内をした現女役の役者さんが変更になりました。田口かるたさんが降板して上の平多香さんが現女の役に参加です。実は、昨年から探していたのですがイメージに合う女優さんが見つからずにいました。それで田口さんにお願いしていたのですが、いろいろありましてですね、で、私も妥協するのは駄目だなと思い直して、それで再度探して、イメージにピッタリの上の平多香さんに決まりました。ようやく落ち着くところに決まったという感じです。これから、三人の女優陣によるバトルが展開するわけですが、さて、私も負けないように身心を鍛え直さねば〜。

horikawa_g at 14:19コメント(0)トラックバック(0) 
お陰様で、唄浄瑠璃狂言「藤戸」が演劇月刊誌のテアトロに写真と劇評が掲載されました。意欲的な企画だと褒めていただきました。是非、読んでいただけましたら嬉しく思います。友人、知人からもよくここまで頑張ったと褒められ、知り合いのもとNHKのディレクターにかの有名なIH先生の作品より素晴らしいとまで、元気づけられ?恐縮している次第。NHKのもとプロデューサーにも、どこからがオリジナルでどこが創作の部分なのかわからなかったと云われました。シメタです。若い人達からも難しいのかと思ったらとても分かりやすくて面白かったと感想を頂きました。これは本当に嬉しいですね。古典を予備知識無しで楽しめる舞台にしたいというのがありましたからね。嬉しい。とはいえ、もちろん、洗い直さねばならない箇所もあり、参考意見も頂きました。反省箇所について、佐之忠師匠を始め、仲間からも大事な批評をいただいています。これからに繋げていきたいと思います。ありがとう!!!


horikawa_g at 13:31コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛