2010年05月

2010年05月01日

というわけで、「藤戸」の第三弾。まぁ、正直いいまして、基礎知識無しで古典を楽しもう。というのが私の趣旨。だから、今の私達がすぐに楽しめるように書き直してます。 お芝居を楽しむというのはそういう事だと思うのよね。楽しんでいるうちに、いろんな事がわかってきて、それがまただんだんと面白くなる。それが私の理想。だから、ついついあれこれと説明してしまったけど、できれば古典だからって、あまり構えないで楽しんで欲しいと思っています。
 唄浄瑠璃狂言の「藤戸」は、殺されてしまった漁師の夫婦愛と親子の情と盛綱の無明のドラマ。





horikawa_g at 16:21コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛