2008年12月

2008年12月24日

シアターXの上田さんから嬉しい提案をいただいた。来年、一日劇場を提供してくださるというのだ。実は、佐之忠師匠から来年もシアターXでやるようにお話しを頂いていたのだが提携公演の申し込みは締め切っており再来年の1月〜3月の間なら良いとのことであった。やはり新作を書きたいし、劇団ではないのでいろいろ準備のこともあると考え、同じ再来年であれば秋にやろうと決めて辞退した。とはいえ、来年は本公演でなくとも何かやりたいと考えていたので、企画をいただけたのは嬉しい。で、考えているのだが、これがホントに難しいのだ。一度の公演である。しかも新内や浪曲、講談みたいな語りものと邦楽をジョイントできないかというのだ。というのは、作者部屋の仲間がそうした演芸の新作を書いていると話したことから出た企画で、仲間は協力してくれると云ってくれているのだが、やはりお金の問題だ。木戸銭は3000円になるだろうと思う、が、今、人気のある落語以外でお客様を呼ぶのが難しいのが演芸の世界だ。出演料や照明、もろもろの経費をどうするか…たとえ一回の興行でも人手は同じなのである…頭が痛いなぁ…。面白い企画、考えねば…。

horikawa_g at 15:13コメント(0)トラックバック(0) 
今年きた年賀状を読み返しながら書いている。いつもそうしているのだが、なかなか逢えない人の消息を知るのは嬉しいものだ。ああ、元気にしているなぁとか、いろいろあったのだなぁとか、何も書いていない人もいるが、それはそれで安心したりする。賀状も個性があって人柄が出る。ちっともスタイルが変わらない人もいるし、見ただけで誰かわかったり、写真もなかなか面白い。儀礼的なのは、本当は年賀状が嫌いなんだろうなと思う。今年、出会った人とはこれからも続くのか縁が切れるのか…なかなか興味深いのである。私の図柄、最近はメルヘンバージョンだ。連れ合い曰く、子供に返ったのじゃないのか? 我ながらどういう性格なのかなぁ…。で、年賀状書きは遅々として進まないのである。う〜ん。

horikawa_g at 14:49コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月19日

浄瑠璃といえば人形浄瑠璃・文楽を思い浮かべる方が多いようです。私も人形が出るお芝居ですかと聞かれます。今も影響は大きいですねぇ。浄瑠璃そのものの歴史は古く浄瑠璃御前物語が始まりとされています。15世紀中頃から座頭による語り物として発展した説と十六世紀頃からという説などいろいろありますが、それは研究者に任せるとして、人形浄瑠璃は江戸時代に誕生しています。竹本義太夫などが隆盛を極め、いろいろな流派ができました。
また、その影響を受けた歌舞伎の丸本ものといわれる義太夫狂言の他にも、常磐津、富本、清元、新内などがあります。長唄の唄浄瑠璃もそのひとつで、元禄から明和にかけて流行ました。富士田吉次が杵屋忠治郎と作曲した歌舞伎舞踊狂言「鷺娘」が現在も人気演目でたびたび上演されています…もともとはどこまでつづくのか? へ ?

horikawa_g at 13:10コメント(0)トラックバック(0) 
作者部屋(歌舞伎脚本の同人)で、歌舞伎役者の方々と公演をしたのがきっかけで佐之忠師匠と出会った。もともと義太夫狂言として書いた「綾描恋糸染」を長唄で作曲していただいたのだが、義太夫は語るもの、長唄は唄うもの、果たしてお願いはしたものの…素晴らしかった!! 杵屋勝彦師の唄が良かったせいなのか、それもあるだろうが、曲がいいのです。佐之忠師匠に、これはなんという手ですかとお聞きしたら、唄浄瑠璃とのこと。恥ずかしながら、それまで唄浄瑠璃を知らなかった。唄浄瑠璃との出会いであった!!

horikawa_g at 12:45コメント(0)トラックバック(0) 
もともと演劇少女だった登志子は果然、次々と応募。が、世間は甘くない。入賞はしてもプロにはなれない現実が待ち受けていた。しかし、そんな時に歌舞伎と出会った登志子はカルチャーショク。なんなんだ、この世界は?? ううむ。面白すぎる。
歌舞伎脚本を書く仲間になって本格的に勉強を始めるも、作劇教室にも通ってみたが、歌舞伎は自分で学ぶしか方法がないとあらためて知る。


horikawa_g at 12:42コメント(0)トラックバック(0) 
どうして唄浄瑠璃を書き始めたの? そうそう。もともとのきっかけからお話しさせていただきましょう。 
結婚して、札幌から東京に出てきた登志子は友人もなく日がな一日を過ごしておりました。
それまでは仕事漬けの日々を送っていたわけで、主婦というものはこんなに気楽なものかとぼんやり新聞の広告を見た時、目に飛び込んできたのが脚本教室の生徒募集の文字。
さて、始めて書いた作品が900人近い応募の中、最終選考に残ったことから才能があると勘違いしたのが始まり、始まり。


horikawa_g at 12:40コメント(0)トラックバック(0) 
実は、今回の舞台の美術をHさんにお願いする予定だったのですが、制作のH氏の強い薦めもあってOさんにお願いしていました。先日、Hさんとお会いして、実はOさんとはフランスに留学していた時にご一緒だったとのことで、仕事でもよく知っていて、シアターXの上田さんもご存じとのことでした。私の公演チラシを見て、Oさんと仕事をするなら私に仕事をさせなさいとのことで、ホント、世間は狭いといいますか、いつのまにか輪になって繋がっているのですもの〜アレレです。それにしても、HさんとOさんとに挟まれて、う〜ん頭が痛い…贅沢な悩み…

horikawa_g at 12:14コメント(0)トラックバック(0) 
賛否両論なのだけれど、つまり絵でいえば具象か印象かというような好みの問題だと思う。
それにしても職業によって意見が分かれたのは面白い現象だった。作家仲間の多くは先がわかってしまうからもっと捻ったストーリーがいい派。国立のOK氏やシアターXのU氏、美術家、舞踊家、演出家さん達は単純なストーリーをいかに見せるか、それが面白かった派。
歌舞伎でもなく、現代劇でもない、堀川登志子の世界だというのが皆さんの一致した意見。だから、他の人に説明をするのが難しいらしい。制作担当にも云われました。で、歌舞伎とのコラボレーションだと説明していたらしいです。古典芸能といっても新しいジャンルというか、古典の技法をベースにした新作芝居だから、私の位置づけは??? 私は今の芝居として書いてます。だって今の私が表現している世界なんだもの。見ていただいて、好きか嫌いか、そういうことだと思う。それにしても、前回の「心中初午桜」もそうだったけれど、公演後にも解釈を巡ってアレコレ考えるらしい。あの後、姉と文治はどうなったのかとか、なぜお玉は…とか、いろいろ聞かれましたが、今回はもののけ三人娘が面白かったらしい。
えっ、彼女達、もののけだったの? えっ、あの紐は蜘蛛の糸?? う〜ん。そのつもりだったのだけどなぁ…

horikawa_g at 11:55コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月12日

公演が終わると、いろいろな方々からご意見を頂く。
今回は、予想どおり、意見が分かれた。
う〜、急用ができたので、続きは後から

horikawa_g at 14:16コメント(0)トラックバック(0) 
人柄というのは、どういう時にわかるだろうか。S氏と打ち合わせが終わって雑談になった時、彼は、私の云うことは分かるが言い方を変えて注意した方がいいと忠告した。チームワークを心配してのことだと思った。こういう時に人柄は出る。いつも、全体を考えるタイプだ。私は彼のような人が好きである。自己中が多いのだ。感情的になっている時は私も回りが見えなくなる。彼の仕事を見ていても、非常にバランスがいい、センスがいいのだ。しかも、稽古を見て演出意図を探ってからプランをたて美術を生かす色彩を考えていた。いい照明家さんだと思った。彼とは今後も仕事をしていきたいと思う。

horikawa_g at 14:14コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛