2006年08月

2006年08月24日

この唄というのが、長唄の唄のことで、
長唄の浄瑠璃なので唄浄瑠璃。
元禄から明和にかけて流行した古典中の古典で、富士田吉次の曲が残されているそうです。      私もまだ聞いたことがないので是非とも聞いてみたいですね。
歌舞伎音楽として発展した長唄だけに本当にいろいろと奥が深くて、
不思議の国のアリスになった気分になります。
えっ? なぜ唄浄瑠璃で芝居を作ったか?
よくぞ、聞いてくださいました…。これには三年の年月が…。
あの、続きはやっぱり、この次に…。


horikawa_g at 10:46コメント(2)トラックバック(0) 

2006年08月23日

お稲荷様の行事のひとつで、旧暦の二月の最初の初午の日にお祭りがありました。
当時はとっても賑わって大人から子供までお祭りを楽しみました。
この日ばかりはどんなに騒いでも、大人は叱らないことになっていて、
子供達が太鼓を盛大に叩いて囃し、おひねり(お小遣い)を頂いては練り歩きました。
「心中初午桜」の物語は、姉と妹が同じ男を好きになったばかりに、
この賑やかな日に起きてしまった悲劇なの。
えっ? なぜお稲荷様は狐なのに午なのか?
実はね、お正月で本宮にお出かけになっていたお狐様が馬に乗って
お帰りになるのをお迎えする行事とのことです。
なるほどねぇ…???
でも、どうやって馬に乗るのかしらねぇ…
変よねぇ…狐なのに…。
もしもし、あのぉ…やっぱり…もう少し頭を…。


horikawa_g at 23:12コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 

2006年08月22日

歌は、節をつけた声を出すもの全てを意味するのだそうで、
唄は、邦楽の伴奏がつくものは全て唄になります。
もっとも詩吟などのように吟じるものは唄うといいませんし、
浄瑠璃なども語るといって唄ではありません。
でも、唄浄瑠璃は長唄なので唄います。
音色もちゃんと長唄に合ったお三味線で弾いているのよ
「心中初午桜」は全てが古典で、全てが新作です。
楽しみにお出かけ下さいませ。
それにしても口に貝とは
日本の漢字はやっぱり風情がありますよねぇ。



horikawa_g at 01:09コメント(0)トラックバック(0) 
長唄 | 浄瑠璃

2006年08月19日

伝統文化放送の歌舞伎チャンネルで
唄浄瑠璃狂言「心中初午桜」の公演情報を流しています。
日本の伝統である黒御簾音楽と
女優さんとのコラボレーションのお芝居は
おそらく、日本で初めてのことです。
全てが古典であって、全てが新作!
関係者一同、張り切っています。
伝統文化放送の皆様、ご協力ありがとうございました。


horikawa_g at 15:34コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 | 浄瑠璃
46b45256.jpgどうしょうかしらねぇ…
そうねぇ、それじゃぁここは…こう、動いて
で、やりますかねぇ。
パシャ(カメラの音…)


horikawa_g at 15:14コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 
89a44443.jpgさあ、さあ、さあ、聞いてもらいてぇな。
お三味線と尺八の、佐之義さんと松本さんだよ。
どっちが良い男かって?
そりゃ、じっくりとっくり、舞台を観てくんなぁ。



horikawa_g at 15:02コメント(0)トラックバック(0) 
長唄 | 浄瑠璃

2006年08月18日

唄浄瑠璃狂言「心中初午桜」の紹介用小見出しに書いてある、
あの世とこの世の狭間で彷徨うがきあみの姿がふたつ…の
がきあみ、って何? とよく聞かれます。
小栗判官の物語を知っている方には説明しやすいんですけど、
ふつう、知らないと思うのでちょっとご説明。
地獄に落とされた小栗が、忠義の家来の嘆願でこの世に戻った時の姿が
がきあみ つまり、餓鬼道の餓鬼と阿弥陀の阿弥をつなげた言葉で、
餓鬼阿弥、になります。
で、がきあみの姿 となった小栗を救うのが照手姫。
照手姫の献身が阿弥陀様に通じて人間の姿に戻れて、幸せになるという仏教説話です。
で、私が拡大解釈をしまして、
地獄に落ちた姉妹の情念を残したまま救われずにいる姿が、
がきあみの姿 というわけです。まあつまり、
怨霊となってしまったもののけの姿とでもいいましょうか…
わかっていただけました?
えっ、凝りすぎ? 説明聞いてもわからない? そうかしらねぇ…。う〜ん。
やっぱり、もっともっと日本の古典を知ってもらうために頑張るぞぉ。



horikawa_g at 20:55コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 | 浄瑠璃

2006年08月16日

fc01dd94.jpg吉住小与ひで師匠と望月太喜之丞師匠のリラックスしたお姿で〜す。
ちょっと写真がぼやけてしまいましたが、お二人の素敵な雰囲気、わかります? 
今日、さっそくこの譜面台?を使われていたのですが、写真に取り損ねてしまいましたぁ。
まあ、お稽古の真っ最中にそれどころではないのですけれど…


horikawa_g at 19:07コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 
今日は、全員集まってのお稽古でした。3時から9時でも時間が足りないと思うほど、何しろ何もかも新作なので…家に着いたら12時を過ぎていましたわ。家を出たのも12時、それだけに良いものができてきました。お稽古ごとにどんどん良くなって、初日を迎えるのが楽しみですね。本当に芝居作りというものは好きじゃなければできません、やっぱり…。


horikawa_g at 02:06コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 

2006年08月13日

6f2d03f3.jpg所作指導の橘三郎丈も真剣!

horikawa_g at 22:17コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛