2006年08月07日

浄というのは清められた濁りのない状態を指す意味だし、瑠璃というのも青く清浄なイメージの艶のある石なわけで、出雲の阿国の元祖みたいな女性だったのではないかと思う。
1600年頃に歌舞伎を出雲の阿国が始めたとされているのだけど、浄瑠璃も浄瑠璃御前物語という御伽草子を語ったのが始まりとされていて、それが室町時代頃と伝えられているから、阿国より200年以上も前に活躍しているのよね。
阿国は出雲から来た巫女ではないかといわれているけど、もしかして浄瑠璃御前という人も存在していて、彼女の語りが浄瑠璃御前物語になったのではと想像してみるのだけれど、名前もなんだか神に仕える女性のような気がするのは私だけ?      
踊りも天の岩戸の前で天佃女命が踊ったのが始まりとされているし、芸事の元祖が神に仕える女性というのは、やっぱり偶然の一致とも思えない。
瑠璃の玉のネックレスを首に飾った清らかな若い女性が、神の詞を伝えようと御伽草子に節をつけて美しい声で語り始める。と、人々はその声に魅せられて集まってきて聞き惚れる。
そしていつの間にか浄瑠璃御前は美しいお姫様の物語として法師達も語るようになった。で、浄瑠璃はあちらこちらで流行。憧れて、美しいものを真似する者はやっぱり昔も大勢いた。今も残る各流派の多さをみると…美女は名を残すのか…?


horikawa_g at 21:04コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 | 浄瑠璃

2006年08月06日

同じひとりの男を愛した、あの世とこの世を彷徨いつづける姉妹の情念の物語。元禄から明和にかけ流行した長唄の浄瑠璃を使った女優二人芝居。国立劇場清栄会奨励賞受賞の劇作家、堀川登志子が書き下ろした新作の芝居です。

horikawa_g at 18:31コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 | 浄瑠璃
唄浄瑠璃って、文楽の浄瑠璃なんでしょう? とよく聞かれるんです。でもね、唄浄瑠璃といいますのは、長唄の浄瑠璃なんですよ。詳しいことは次回に…


horikawa_g at 18:30コメント(0)トラックバック(0) 
浄瑠璃 | 歌舞伎

2006年07月30日

コレ鶴屋南北の名作なんですが、私たちが普通に読むと「なぞ、おび、いっすん、とくべえ」。でもこれを歌舞伎読みにすると「なぞのおび、ちょっと、とくべえ」と読ませるんですよね。一寸って、ちょっとの幅、長さでしょ、で、洒落るわけ。江戸の人って、この洒落が大好き。なんでも洒落言葉にしてしまって、お店先に「有ります」のマスの字を絵の升を使っているの見かけたことあると思うの。あの感覚。

horikawa_g at 20:04コメント(0)トラックバック(0) 
歌舞伎 | お芝居
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛