2006年08月11日

出雲の阿国から歌舞伎が始まったのに、今はなんで全員が男に??
なんて話しは後にして 元禄の頃、人形浄瑠璃の人気に対して、落ち目になっていたのが歌舞伎。
なんたって、日本が世界に誇る大劇作家、かの、シェークスピアと比して劣らぬ近松門左衛門が人形浄瑠璃の台本を書いて活躍していたのでありますからね。
それまでの歌舞伎というのは、まあ、どちらかといえばストリー重視というよりも、
役者をいかに美しく、力強く、かっこうよく見せるかってことの方が大事だったわけで、
上方で流行していた人形浄瑠璃の勢いに押されてしまった。
だけどそこはやっぱり、歌舞伎者でございますね。ちょっとやそっとでは駄目にならない。さっそく、その要素を取り込んでしまって、歌舞伎の義太夫狂言を作ってしまった。
近松の「国姓爺合戦」これが大ヒットしたから歌舞伎は勢いを盛り返して
次々と新しい義太夫狂言を上演。
心中狂言など、度々、御上から上演禁止のお達しが出たものです。なぜかっていうと、
若い男女の間で心中が流行ってしまって、御上も手を焼いた。
それぐらい絶大な人気があったわけですよ。   
近松以外の作にも並木宗輔の「仮名手本忠臣蔵」というのがありまして、
これを上演してまず外れたことがない。
次々と書き換え上演されているまるでお化けのような演目。
映画やテレビでもいろいろな「忠臣蔵」が作られているのはご存じのとおり、
いったい何本あるのだろう? 教えて欲しい。
今じゃ、なんたって「忠臣蔵」といえば師走の恒例行事ですよ。
もともとは夏のもの、討ち入りに雪は無かったそうだけど、
なんたって雪が降っていないと吉良様討ち入りは様にならないというか、絵にならない。
でもって、これをやらないと日本人は年が越せないのか? 
各テレビ局が競って放映しているのだから驚きもの。
今年もやるでしょうねぇ…きっと。
「仮名手本忠臣蔵」は寛延元年の作品ですからね。
こりゃ、やっぱりお化け作品だね。



horikawa_g at 00:15コメント(1)トラックバック(0) 
お芝居 | 歌舞伎

2006年08月09日

やっぱり筆頭は「お岩さま」でしょ。
鶴屋南北の「四谷怪談」コレ、知らない人の方が少ないかもね。
取り憑くといえば、「牡丹灯籠」も私の3本指に入りますね。
惚れた男に取り憑いた娘の物語だけど、これにまつわる、他にもいろいろな因縁話があるのよ。
怖いよぉ。めちゃ面白いけど…。
とにかく、歌舞伎にはあの世の人間やら、妖怪変化がいっぱいでてくるのよね。
そうそう、「義経千本桜」に出てくる忠信なんか狐だよ。狐が化けているの。
鼓の皮にされゃった親を慕ってね。初音の鼓を打つと出てくるのよ。
健気なところがほんと可愛いでしょ。
やっている役者は可愛くない? まぁ、まぁ(^^;)
歌舞伎は難しいなんて勘違いしている人が大勢いるらしいんだけど、
はっきり言って、漫画、劇画の世界。
こんなに面白いのに、もったいないって、いつも思うのよね。
確かにね、演じる方は大変な修行がいるし、
誰でもできるものじゃない。
でも、観る方はお気楽でいいのよ。
楽しめなきゃ芝居は意味ない。そう、思わない?
ところで、武士階級で流行っていた能、ね。
これ、神と世俗の者のことを物語っているわけでありすが、
そもそも日本人って、支配階級も下々も身分に関係なく、
サダコのビデオも流行ったし…。
やっぱり怨霊ごとが好き、な、国民だと思う…。


horikawa_g at 23:57コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 | 浄瑠璃

2006年08月08日

よく聞かれるのが、浄瑠璃は人形のアレでしょ? 
まあ、確かにそうなんですけどね。
でも文楽の義太夫は浄瑠璃の一部なわけで…。
もともと、浄瑠璃御前が始めた浄瑠璃に三味線の伴奏がついたことから、当時の人々の絶大な支持を得たらしい。
三味線は当時、中国から琉球を経て伝わった(まだ確証はないらしいけど…とにかく日本にやってきた)とっても新しい楽器で、琵琶法師が工夫を重ねて日本独特の今の三味線を作るわけだけれど、当時としては、エレキギターが日本で熱狂的に流行したのと同じ現象があったのじゃないかと思う。
その中でとくに一番人気が、竹本筑後掾の起こした義太夫節。
これがまたなんというか、怨み、嘆き、悲しみを太棹の三味線を伴奏に語るという、まあ、同じ三味線でも種類があって、太棹というのが、重い、渋い音でね。べべ、べんっというか…機会があったら聞いてみて…文字じゃ伝えられん(^_-) 
この音色と哀切な物語が人々の心を捉えたわけですね。
で、この義太夫で語りながら人形を操ったのが大大ヒット、それが人形浄瑠璃でありまして、今の文楽なのですよ。
えっ? なんで文楽という名になったかって? 
なんでも、人気があった頃は人形浄瑠璃を専門に上演している小屋(劇場)が山ほどあったのだけれどね(何軒あったかまでは知らない)
その中に文楽という名の小屋があって、まあ、世の無常というものですかね、大衆は飽きっぽいものらしく人気が落ちてしまうと他の小屋はみんな廃れて、ここだけやっていたので、文楽といえば人形浄瑠璃と、そういうことらしい。
つまり、マニアがいてくれたお陰で日本の伝統は続いたわけだ。
そう考えれば、これを読んでくれている貴方さまも私も…。
てへへ、話がそれちゃったけど、ちなみに、パンフレットを見てもらえれば、今でも竹本***太夫と名前が書いてあります。
豊竹? 野澤? 他にも違う名前が…。いろいろな流派がありまして、いやぁ、やっぱり伝統は凄い…つくづく思いますね…。



horikawa_g at 23:17コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 | 浄瑠璃

2006年08月07日

浄というのは清められた濁りのない状態を指す意味だし、瑠璃というのも青く清浄なイメージの艶のある石なわけで、出雲の阿国の元祖みたいな女性だったのではないかと思う。
1600年頃に歌舞伎を出雲の阿国が始めたとされているのだけど、浄瑠璃も浄瑠璃御前物語という御伽草子を語ったのが始まりとされていて、それが室町時代頃と伝えられているから、阿国より200年以上も前に活躍しているのよね。
阿国は出雲から来た巫女ではないかといわれているけど、もしかして浄瑠璃御前という人も存在していて、彼女の語りが浄瑠璃御前物語になったのではと想像してみるのだけれど、名前もなんだか神に仕える女性のような気がするのは私だけ?      
踊りも天の岩戸の前で天佃女命が踊ったのが始まりとされているし、芸事の元祖が神に仕える女性というのは、やっぱり偶然の一致とも思えない。
瑠璃の玉のネックレスを首に飾った清らかな若い女性が、神の詞を伝えようと御伽草子に節をつけて美しい声で語り始める。と、人々はその声に魅せられて集まってきて聞き惚れる。
そしていつの間にか浄瑠璃御前は美しいお姫様の物語として法師達も語るようになった。で、浄瑠璃はあちらこちらで流行。憧れて、美しいものを真似する者はやっぱり昔も大勢いた。今も残る各流派の多さをみると…美女は名を残すのか…?


horikawa_g at 21:04コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 | 浄瑠璃

2006年08月06日

同じひとりの男を愛した、あの世とこの世を彷徨いつづける姉妹の情念の物語。元禄から明和にかけ流行した長唄の浄瑠璃を使った女優二人芝居。国立劇場清栄会奨励賞受賞の劇作家、堀川登志子が書き下ろした新作の芝居です。

horikawa_g at 18:31コメント(0)トラックバック(0) 
お芝居 | 浄瑠璃
唄浄瑠璃って、文楽の浄瑠璃なんでしょう? とよく聞かれるんです。でもね、唄浄瑠璃といいますのは、長唄の浄瑠璃なんですよ。詳しいことは次回に…


horikawa_g at 18:30コメント(0)トラックバック(0) 
浄瑠璃 | 歌舞伎

2006年07月30日

コレ鶴屋南北の名作なんですが、私たちが普通に読むと「なぞ、おび、いっすん、とくべえ」。でもこれを歌舞伎読みにすると「なぞのおび、ちょっと、とくべえ」と読ませるんですよね。一寸って、ちょっとの幅、長さでしょ、で、洒落るわけ。江戸の人って、この洒落が大好き。なんでも洒落言葉にしてしまって、お店先に「有ります」のマスの字を絵の升を使っているの見かけたことあると思うの。あの感覚。

horikawa_g at 20:04コメント(0)トラックバック(0) 
歌舞伎 | お芝居
ギャラリー
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 清姫異聞
  • 光源氏の愛